没後80年 小村大雲×落合朗風 ―館蔵品を中心に―

2017.2.25~2017.3.26

  • 展覧会期間=2017年2月25日(土)~2017年3月26日(日)
  • 休館日=火曜日
  • 開館時間=9時~17時
  • 入場料= ●一般/500(400)円 ●高校生以下/無料 ※()は20名以上の団体料金
  •               ※一般の方で身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、戦傷病者手帳をお持ちの方、及びその介護者1名は250

内容= 

 

郷土ゆかりの日本画家小村大雲(おむらたいうん)と落合朗風(おちあいろうふう)の没後80年をむかえ、館蔵品を中心に回顧展を開催します。大雲は昭和13(1938)2月に54歳で、朗風は昭和12(1937)4月に40歳の若さで惜しまれつつ生涯の幕を閉じました。平田に深い関わりのあるこの二人は、生前まったく違う方向の日本画を目指して邁進しました。大雲は、円山四条派の流れをくむ山元春挙に師事し、当時最先端の映写機などを用い、あらゆる材料を蒐集して写実の極みを目指し、文展・帝展などで活躍しました。一方、朗風は、大正3年に約半年ほど大雲に師事しますが、その後、大雲のもとをはなれ独自の感性で制作しつづけます。院展、帝展、青龍社展と出品を重ね、遂には明朗美術連盟を設立、キュビスム、フォービスム、シュルレアリスム等の影響を深く受け、日本画の新たな可能性を追求します。その対象的な二人の姿勢は作品に遺され、今も我々を魅了し続けています。日本画壇に深い影響を与えた二人を館蔵品等により紹介し、あらためてその偉業を顕彰いたします。

 

 

 

 

 

関連イベント 掛軸の取扱い方教室 

32() 10時~12 

312() 10時~12 

掛軸の取扱いをわかりやすく解説し、実際に掛け方、はずし方、しまい方を実習します。 

       参加費900(「小村大雲×落合朗風」展入場券付)、講師 担当学芸員 

       ①②とも定員各10名、お電話でお申込みください。先着順に受け付けます。

                1月11日(水)より受付開始します。 

 

 

平田本陣記念館

〒691-0001 島根県出雲市平田町515番地
電話:0853-62-5090FAX:0853-62-5101メールでのお問い合わせはこちら

公益財団法人出雲市芸術文化振興財団

はな

ページ先頭へ戻る