書画

[増上寺宛書簡]:初代 松平直政 ほか12点

  近世初頭、中国地方は毛利氏の支配下にあったが、関ヶ原の戦の責任で領土を取り上げられ周防(現・山口県東部)・長門(現・山口県西部、北部)に転封となる。代わって堀尾忠氏(ホリオタダウジ)が領主として入国したことで松江藩が成立する。

 松江城は、秀吉の旧臣で家康に従った堀尾吉晴(ヨシハル)が慶長12(1607)年から着工、16(1611)年に完成させた城だが第三代忠晴(タダハル)に後継ぎがなく堀尾家は断絶、次に京極忠高が藩主となるが病死して京極家も一代で断絶。

 寛永15(1638)年に直政が藩主となり、明治維新まで松平氏の治世が続くこととなる。

[増上寺宛書簡]:初代 松平直政
345mm×568mm
[藤画賛]:ニ代 松平綱隆
288mm×428mm
[和歌短冊]:三代 松平綱近
[和歌短冊]:四代 松平吉透
[竹一字]:五代 松平宣維
864mm×271mm
[発句和歌短冊色紙]:六代 松平宗衍
418mm×506mm
[墨画山水図]:七代 松平治郷
367mm×630mm
[発句短冊]:八代 松平斎恒
[盃図]:九代 松平斎貴
335mm×535mm
[七言詩]:西園寺公望
明治元(1868)1380mm×440mm
[七言詩]:前原一誠
明治9(1876)1120mm×310mm
[五言詩]:奥平謙輔
明治9(1876)1120mm×310mm

平田本陣記念館

〒691-0001 島根県出雲市平田町515番地
電話:0853-62-5090FAX:0853-62-5101メールでのお問い合わせはこちら

公益財団法人出雲市芸術文化振興財団

はな

ページ先頭へ戻る